BIEWS(ビューズ)

ビューズで取り入れた「リファラル採用」とは?

ビューズでは「リファラル採用」を取り入れています。

リファラル採用とは社員が人材を紹介する採用方法のこと。リファラルの語源であるリファーラル(referral)とは「推薦・紹介する」という意味です。
企業を、価値や魅力を一番理解している社員が紹介することによって、より企業に適した人材を募集できるようになります。また、応募者側は企業の魅力はもちろん、風土、社風、業務内容などの説明を受けているため、理想と現実のギャップが起きにくく、多くの企業に取り入れられている採用手法です。

今回は、実際にリファラル採用での入社事例をインタビューを交えた記事となります。「なぜ紹介するのか」「どんなメリットがあるのか」についてをご紹介します。

紹介したATS:Uさん(右)
入社したATS:Tさん(左)

もともとは地元の専門学校の同級生。

――本日はよろしくお願いいたします。
   まず、お二人の関係を教えてください。

Uさん:
はい。私たちは地元の専門学校の同級生なんです。

Tさん:
学生時代からの付き合いだから、もう10年以上になるね。早いよねぇ。


――学生時代はどういう仲でしたか?

Uさん:
学校のヘアショーがあって、同じチームになったことがきっかけで知り合いました。

Tさん:
私がヘアの担当で、Uさんはメイクを担当しました。一つの作品を一緒に創り上げていくうちに段々と仲良くなったよね。


――学校を卒業して、それぞれどういう進路に進まれましたか?

Uさん:
メイク関係の仕事がしたかったので、いろいろ探していたらビューズを見つけて「ここだ!」と思いすぐに応募しました。卒業当時は美容師免許を持っていなかったので、働きながら美容師免許が取得できるという点もすごく魅力的でした。
途中、美容師の仕事にチャレンジしてみたいと思いキャリアチェンジした時期もありました。正直、美容師のときは朝早くから夜遅くまで残業で毎日クタクタでした・・・(笑)
眉とメイクの仕事が好きだということ、安心して長く働きたいという思いが強くなり、もう1度ビューズでお世話になりたいと思い、再入社しました。

Tさん:
私は卒業後、美容院で5年間勤務しました。私の働いていた美容院もなかなかのハードワークで体力的にはしんどかったかなと思います。その後、もともと教えることが好きだったので、美容師の実務経験を活かして母校に戻り教員として働いていました。

ビューズを紹介したきっかけは?

――どのようなきっかけでビューズを紹介されたのでしょうか?

Uさん:
私が地元に帰省して母校へ遊びに行った時に久しぶりにいろいろ話をしたのですが、Tさんが転職を考えているということを聞き、ビューズの話をしました。

Tさん:
大阪に転居する予定があって就職先を探していました。美容関係の仕事に関わりたいと思っていたところ、Uさんからビューズの話を聞きました。ヘア・ネイル・着付けなど色々学んできましたが、「眉」のことは学校でも教わったことがなく未経験でした。美容が大好きな私にとって「やってみたい」と思いました。

また、お休みもしっかりとれて、安心して長く働ける環境という点も魅力的でした。

ちなみに、以前勤めていた美容院でオリリーの製品を扱っていたことや、私自身がカバーマークやアクセーヌのユーザーであること、そして今回のビューズの紹介、全てピアスグループと知ったときは何か運命的なものを感じましたね(笑)。


――UさんはなぜTさんを紹介しようと思ったのですか?

Uさん:
Tさんは学生時代から何事にも真面目で熱心に取り組む人だったので、一緒に働きたいなと思っていました。なので、何の迷いもなく自信を持って会社に紹介しました。

Tさん:
面と向かって言われると何だか恥ずかしいね。
でも、そう言ってもらえて本当に嬉しい。
ありがとう。

Uさん:
本当にそう思ってるからね。

――では、Tさんがビューズに入社しようと思った理由は何ですか?

Tさん:
美容院の時は、ある程度の技術が身についたら即デビューみたいな感じで、先輩がフォローしてくれることもほとんどなく、いつも不安の中で、悩みながらお仕事をしていました。

ビューズの面接前に実際に施術を受けに行ったのですが、当日担当してくれたATSの方は入社間もない方でした。でも、私の施術が終わるまでUさんがその方の傍にいてずっとフォローをしている姿を見て「アイブロウ未経験でも、先輩がしっかりフォローしてくれる環境ならば安心して成長できる!」と思ったのが一番の決め手でした。

実際にビューズへ入社、ギャップは?どんな人がマッチする?

―実際に入社してみてどうでしたか?

Tさん:
入社してからのギャップは全くありません。
Uさんからすべて聞いていたので(笑)。

日々悪戦苦闘はしていますが、Uさんや他の先輩がしっかりフォローしてくれるので、安心して働けています。

Uさん:
(もう一度言いますけど)Tさんは本当に真面目な人なんです!

――これからお二人がビューズを紹介するなら、どんな方に声をかけますか?

Uさん:
ビューズの場合、1人あたりの施術・接客時間が15~20分程度で、多くのお客様がご来店されます。そういう意味での忙しさはあります。
なので「テキパキとテンポ良く動ける人」、「前向きで明るく行動力のある人」だと思います。

Tさん:
「責任感がある人」だと思います。ビューズでは、基本的に1人のお客さまに対して、自分自身が主となって対応します。技術や接客の丁寧さはもちろん、ブランドの顔としての自覚と振る舞いが求められます。
日々、学ぶことはたくさんありますが、それ以上に成長を実感できるのでやりがいがあります。

リファラル採用、ピアスグループやビューズの魅力とは?

――リファラル採用の良いところはどんなところだと思いますか?

Tさん:
やっぱり知っている人がいることの安心感ですね。
Uさんは本当に信頼できる人なので、ものすごく安心感がありました。

求人広告や一般的に公開されている情報では、内情まで分からないですよね。誰しも新しい環境に身を置く時は不安があると思います。会社のいい部分も悪い部分も、そこで働く人の生の声を聞いた上で考えるので、入社後のギャップを最小限にできます。

――ピアスグループやビューズの良いところはどんなところだと思いますか?

Tさん:
色々なブランドや職種があるピアスグループは、美容や化粧品が好きな人にとって、自身の可能性を広げるチャンスが多くある会社だと思います。
また、社販制度があるので、化粧品が安く買えるという点も大きな魅力の1つですね。

ビューズのスタッフは本当に仲が良くて和気あいあいとしています。でも、メリハリもしっかりあって、お互いに切磋琢磨してプロとして日々成長できる職場環境のため、意欲が高い方は合っています。

Uさん:
お休みがしっかり取れて、賞与や福利厚生が整備されている点はもちろんですが、ピアスグループの大きな特徴として、その人に合わせた働き方ができるのも魅力だと思います。

実際にビューズでは時短勤務者やパートタイム勤務者がいますが、ご自身の今の状況に合わせた働き方なので、仕事とプライベートが両立しやすい環境環境です。

Uさん:
ひとりひとりの頑張りをきちんと見てくれて評価してもらえます。年齢や入社年次などは関係なく、誰にでも公平にチャンスがあります。実際、私より若いスタッフがチーフをやっている店舗もあります。

Tさん:
チーフの方はメンバーの意見をしっかり聞いてくれます。また、定期的に行うスタッフミーティングでは、みんなで一緒に考えて、より良い方向に全員で向かおうとリードしてくれます。
自分の意見が通る・通らないではなく、チームで目指すべき方向を考えて行動に移していくという点は、ピアスグループの大きな特徴であり最大の魅力です。

――最後にお二人の目標を教えてください。

Tさん:
私はUさんのように店舗の責任者になることが目標です。まだもう少し時間はかかると思いますが、店舗責任者のチーフとなってバリバリと仕事をしたいですね。

Tさん:
関東と比べると、関西はまだまだビューズを知らない人が多いと思うので『眉といえばビューズ』と言われるよう、もっとたくさんの人達にビューズを知っていただき、関西でも店舗数を増やすことが目標です。
そして、どのスタッフが施術をしてもベストな眉を提供できるようになりたいですね。


――本日はありがとうございました。

「信頼し合える」職場を目指して。

インタビュー内でも伺った通り、リファラル採用の魅力は「やっぱり知っている人がいることの安心感ですね。」とのこと。
お二人の会話の端々からも、お互いを信頼し合っていることが伝わりますね。

ピアスグループ、ビューズではリファラル採用だけではなく、通常応募の採用も行っております。
リファラル採用を利用し実際に働いているお二人のお話をご覧いただいて、職場の雰囲気が少しでも伝わり、これからご応募いただくみなさんの参考になれば幸いです。

関連する記事

関連するキーワード

著者