「ピアスグループの説明会に参加して入社したいと思った」「内定を受けて入社の準備をしている」など、これからピアスグループに入社していただく学生の方に向けて、気になる疑問を解消するシリーズです。

今回のテーマは、入社前にやっておくと良いことについて。「店舗訪問は必要?」「どんな知識を勉強したらいいの?」「資格はとっておいたほうがいい?」「メイクの練習はどうしたらいい?」などのご質問にお答えします!

【Q1】店舗訪問はしておくべき?

A. 入社前の店舗訪問や企業研究で当社への理解をより深めていただけると嬉しいです。

店舗訪問をすることで、業界や職種、企業、ブランドへの理解を深め、職場やスタッフの雰囲気を知ることができます。

OG訪問や内定者としてではなく『お客様として』来店することで感じる「ピアスグループの接客の良さ」や「入社後は実際に受けた先輩の接客のように〇〇なスタッフになりたい」という具体的な目標を持つことにもつながります。

また、他のブランドの店舗に行くこともおすすめです。他ブランドの接客を体感し、違いを知ることで、ピアスグループの接客スタイルへの理解をより深めることができます。さらに、「自分のやりたい接客と違った」といった入社後のギャップをなくすことにもつながりますよ。

しかし、新型コロナウイルスの影響もあり、来店が難しい場合もあるでしょう。このような状況のため、来店の有無は選考に影響しませんが、私たち採用担当は、「当社やブランドについてどのくらい興味を持っているか、知りたいという”熱意”があるか」ということを重視しています。

来店が難しい場合は、ブランドや製品については、ホームページや美容雑誌などを調べてご確認いただくとよいでしょう。中でも、本記事のサイト、【PIAStyle(ピアスタイル)】の先輩インタビューの記事は、ピアスグループで働くイメージが浮かびやすくなるためおすすめです。仕事のやりがいや会社の雰囲気、業務内容などについて、先輩たちの生の声を掲載しているので、ぜひご参考にしてみてください。

▼こちらの記事も、ぜひご参考に!

【Q2】製品や皮膚理論は身につけておくべき?

A. 今は学生生活をたくさん楽しんでください!

入社前は、今しかない学生生活を楽しんで、さまざまな経験をしてください。

もちろん、製品や皮膚構造などの知識を勉強しておくことは良いことですが、入社後に学んでいただけますので必須ではありません。

入社後は、初級共通教育でサポートさせていただきます製品の知識以外にも、マナーや立ち居振る舞い、皮膚理論、スキンケアなど基礎から学べる充実した内容となっています。

もし余裕があれば、ピアスグループの製品を実際に試してみるとよいでしょう。ファンデーションもスキンケアも少し高価に感じられる方もいらっしゃると思いますが、内定者の方は社販でお得に購入できますよ!

▼こちらの記事も、ぜひご参考に!

【Q3】色彩検定のような資格はとっておいたほうがいい?

A.資格はとっておかなくても大丈夫です。

色彩検定や日本化粧品検定のような資格はとっておいても損はありませんが、とっておかなくても特に問題はありません。入社後に基礎から知識を学べる初級共通教育があるため、そこでしっかりと実践的な知識について勉強していただくことができます。

【Q4】人にメイクをする練習はしておいたほうがいい?

A.メイクの技術はきちんと習得できる研修を入社後にご用意しています。

入社前にメイクの練習をしなくても大丈夫です。ピアスグループでは、入社後の研修でメイク技術を学んでいただきます。「未経験で不安」という方も、ご安心ください。

まとめ

今回は、入社前にやっておくべきことについてお話させていただきました。ぜひ一度ピアスグループのブランドの店舗に行って、雰囲気を肌で感じてみてください。実際に働くイメージがしやすくなりますよ。

また、入社後には充実した初級共通教育で、ピアスグループの理念やビジネスマナー、接客スキル、皮膚理論など、どのブランドでも必要な知識・技術を学んでいただきます。そして、配属されるブランドによって、その後はブランドごとの専門的な知識や技術を身につける内容に。知らないことが多く不安を感じている方を手厚くサポートさせていただきます。

皆さまと一緒にピアスグループで働けることを楽しみにしています。

関連する記事

関連するキーワード

著者