2024年4月入社の内定者研修を行いました

こんにちは、採用担当Tです!

4月の新生活までもう少し。来年度入社予定の方々と一緒に働くのが待ち遠しい気持ちです。

きっと内定者の皆さんは、これから社会人になるに向けて期待や不安をより強く感じる時期でしょう。

そこで、アテンダントスタッフの仕事への理解や先輩たちがどのような姿勢で働いているかを知っていただく機会を作りたいと思いました。

1月上旬、ピアスグループではアテンダントスタッフとなる2024年4月入社予定者向けに内定者研修を行いました。その様子をお話しさせていただきます。

▼ピアスグループで働く「アテンダントスタッフ」って?

ピアスグループの店頭で美容に関するサービスをご提供・接客するスタッフのこと。
"アテンダント(attendant)"とは、「付き添って世話をする人」という意味。

ピアスグループでは、「お客さまが主役」と考え、お客さまに寄り添って美しくなっていただくためのお手伝いをする。心から満足していただくことが使命であるという気持ちから名づけられているそうです。


▼以前行った内定者懇親会の様子も以下の記事でお話ししています

内定者研修では貴重な先輩の話も

今回、東京会場は1日、大阪会場は遠方から来られる内定者を考慮して2日間に分けて行いました。東京は約15名、大阪は各回約10名の参加者がいらっしゃいました。

13時~17時まで、約半日という時間をかけて実施させていただきました。

当日の流れとしては、自己紹介のあとに、他己紹介というコーナーがありました。

他己紹介は、2人もしくは3人1組になって、相手の情報を1分ほどでしっかりと聞き取り、 4~5名のグループになってその方を紹介してもらうというものです。化粧品カウンターで行う、カウンセリングの練習として取り入れました。

カウンセリングは、さまざまな質問をして得た情報からお客さまにふさわしいアイテムなどをご提案するものです。質問を掘り下げていき、情報を引き出す力のトレーニングになることを目指しています。

他己紹介を通して、相手の方に興味を持ち、知っていこうとする大切さを感じていただくことが狙いでした。

他己紹介でウォーミングアップを済ませたら、いよいよカウンセリング体験。

情報を引き出すことを学んでいだいた流れで、アテンダントスタッフになりきり、使っているアイテムやお肌の状態・悩みなどをヒアリングしていきます。深堀りしながらたくさん質問することを意識していただきました。

「肌のお悩みというデリケートな話題にどこまで踏み込んでいいか」と戸惑う声もありましたが、皆さん繊細な部分にも気を遣いながら一生懸命になっていました。

それから、人気製品の説明や、実際に働いているスタッフへのアンケートを元に、仕事のやりがいなどの声をご紹介させていただきました。

これから皆さんが経験する仕事はとても価値があるものだということを再認識し、楽しんで取り組んでいただけたのなら嬉しい限りです。

「モチベーションがアップした」との声も

今回参加した内定者の中には、内定式後に採用が決まった方も若干名いらっしゃいました。そのような方からは「同期になる方々と直接会う機会があり、安心しました」というお声もいただきました。

グループワークも多かったため、交流のチャンスをご提供することができたのではないかと思っています。

また、「モチベーションがより一層高くなりました」という感想もありました。人事として、モチベーションを高めて皆さんの意識を一つにまとめるお手伝いができたら嬉しいですね。

先輩たちのやりがいなどをお話しするコーナーでさまざまなエピソードをご紹介しました。アテンダントスタッフは喜びを与えられる仕事であることを、皆さんに伝えられたと感じています。

▼内定者懇親会の際も嬉しい感想が非常に多かったです!

皆さんからいただいた質問への回答

内定者研修の後に皆さんから、配属に関する質問もいただきました。

「配属はどのように決まるのか」ドキドキしながら自分の働くブランドを楽しみにしている想いが伝わってきます。

こちらの記事にて配属や異動に関しての疑問にお答えしていますので、ぜひご覧ください。
また、仕事のやりがいや楽しさ、活躍しているスタッフの共通点など働くイメージを膨らませるための疑問には、下記の記事でもお答えしています!

まとめ

昨年10月行った内定式から久しぶりにお会いすることができて、とても嬉しかったです。内定式で仲良くなり、一緒に来られたという方もいて同期の絆が深まっている様子にも感動しました。

今回の研修が、社会人として働くイメージを持つためのお手伝いになれば嬉しい限りです。

本記事より、もしアテンダントスタッフの仕事に興味を持っていただいたのなら、下記ボタンより詳細をご覧いただけます!

関連する記事

関連するキーワード

著者