「憧れや夢を抱いて美容師の仕事をはじめたけれど、働き方や将来のキャリアについて“このままでいいのかな”と考えてしまう。」そういったきっかけから、退職や転職を考え始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。

美容師は子どもが将来なりたい職業としても人気が高く、多くの方にとって憧れの存在です。

一方で、働いていくうちに労働環境や収入面、将来的なキャリアなどに悩み、中には退職や転職される方もいらっしゃいます。

本記事では、美容師が退職・転職を考える主な理由や退職理由の伝え方、退職を決断する前に考えるべきことについてご紹介します。

退職した先に考えられる新たなキャリアの一例についてもご紹介していますので、「美容師を辞めようかな」「美容師以外でもスキルや資格を活かせるのかな」などと迷われている方にとって、少しでもご参考にしていただければ幸いです。

美容師が退職する「4つ」の理由

美容師の退職理由として多くの方が挙げるのが、「労働環境」「収入面」「人間関係」「キャリアアップ」の4つ。
ここでは、これらの退職理由についてひとつひとつ解説していきます。

退職理由①|働く環境を変えたい

美容師は、どうしても業務時間が長くなりがちなお仕事。
朝早くから夜遅くまで営業しているだけでなく、一般的なお休みである土日祝はお休みが取れないという職場も多く、「休日が少ない」「プライベートな時間が取れない」と感じてしまう美容師の方もいらっしゃるようです。

特に最初のうちは、スキルアップのために閉店後にカットやパーマの練習を繰り返すことも多く、体力的な疲労が溜まってしまうケースも。

そうした理由から「働く環境を変えたい」「もっとお休みの多い職種に転職したい」という考えに至ることも少なくないようです。

退職理由②|収入面への悩み

美容師の給与体系は、一般的には固定給+歩合制(インセンティブ)というところが多く、自分自身が担当したお客さまの数によってお給料に差が生じます。

もちろん、サロンによって給与体系は様々ですが、見習い期間や新人アシスタントの頃にはほぼ固定給のみというケースも少なくありません。

また、施術で使用するハサミや練習用の道具は自腹で揃えなければいけない場合もあり、お給料に比べて出費が多く「収入があがらない」と感じる方も多いようです。

「もっと収入を増やしたい」という考えから、職場を変えて別のサロンを探したり、そもそも美容師以外への道を考える方もいらっしゃいます。

退職理由③|人間関係がうまくいかない

美容室の経営方針や理念は、会社やオーナーによって大きく違いがあり「オーナーの考えと自分の考え方が合わない」という想いから転職を考える方もいらっしゃるようです。

また、「先輩やスタッフ同士とのコミュニケーションが少ない」「自分の考えや意見を上司に発信する機会がない」など、職場の雰囲気事態に不満を抱えていらっしゃる方も。

オーナーや一緒に働くスタッフと、自分自身の想いや考えとの相違が、退職へのきっかけにもなっているのです。

退職理由④|将来的なキャリアパス

美容師の一般的なキャリアパスは、アシスタントにはじまり、スタイリスト、チーフ、店長、さらにディレクターやマネージャーといった経営陣という道があります。

中にはそうしたキャリアを経て、独立や起業をして「自分のお店を持つ」ことを目標にしている美容師の方もいらっしゃることでしょう。

しかし、そうした夢の実現には開業資金や集客など様々な課題があり、時間もお金も要することから、「美容師としてのキャリアアップ」自体を諦めてしまう方も少なくないようです。

また、アシスタントを経てスタイリストとしてデビューしても「スタッフの数が多くてなかなかお客さまを担当させてもらえず、実践経験が積めない」「もっと高い技術を学びたいけれど、チャレンジする機会や時間がない」「お給料があがらない」など、成長実感が湧かないと感じていらっしゃる方も。

そうした将来のキャリアへの不安が、美容師以外の道を考えるきっかけのひとつにもなっているようです。

「辞める理由」はどう伝える?

こうした様々な理由から、いざ「辞めよう!」と心に決めても「退職理由を正直に伝えたらどう思われるだろう。」と心配になることもありますよね。

実際に退職・転職を経験したことのある方の多くが、「辞める際に上司やオーナーに退職理由をなかなか言い出せなかった。」という経験があるそうです。

また、退職する理由によって伝え方が変わる場合もあります。

前向きな理由は正直に

例えば、キャリアアップや起業といった前向きな理由であれば、正直に伝えやすいもの。
多くの美容師が「将来的には独立・起業」を目指しているだけに、スタッフの独立・起業を支援している美容室もあり、そうした前向きなチャレンジに対しては快く見送ってもらえるケースが多いようです。

周囲への配慮が必要な場合も

一方で、人間関係や収入面といった少々ネガティブな理由は、正直に伝えづらいですよね。
お世話になったオーナーや在籍するスタッフとの間に波風を立てたくないと考える方も少なくないでしょう。

実際に退職・転職を経験された方も、ネガティブな理由はオブラートに包んで伝えた方が多く、人間関係が原因で退職された方の中には、「会社の方針やオーナーとの方向性の違い」を理由として伝えたという方も。

もちろん、正直に伝えることは悪いことではないのですが、伝える際にはスタッフや店舗に迷惑がかからないような配慮も必要かもしれませんね。

いずれにしても、上司やオーナーと真摯に向き合い、誠実に伝えることが大切です。
誠実な姿勢でしっかりと伝えれば、どんな理由でもきっと分かってもらえますよ。

退職を決断する前に

先にご紹介した退職理由以外にも、「手荒れがひどくなってしまい仕事が続けられない」「いざ始めてみたら美容師として適性がないと感じた」などあらゆる理由が挙げられます。
いずれも"働き方を変えたい"という想いが退職・転職を考えるきっかけになっています。

しかし、退職・転職したからと言って、必ずしも今感じている悩みや不満が解消されるとは限りません。では、同じ失敗をせず、自分自身の“理想の働き方”を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、理想の働き方に一歩近づくために退職・転職を決断する前に考えておくべきことをご紹介します。

今の職場や状況をもう一度見つめなおす

まずは、自分自身が感じている悩みや不満を整理し、本当に今の職場では解消できないのかを一度見つめなおすことが大切です。

例えば、「キャリアアップできない」「成長を実感できない」と思って転職しても次の職場で自分自身が望んでいるようなキャリアを描けるとは限りません。

今感じている悩みや想い描いているキャリアビジョンを、一度上司や先輩、同僚に相談してみるのもひとつの手ではないでしょうか。

本当に今の職場で自分の理想の働き方を叶えられないかどうかを判断するのは、それからでも遅くはありませんよ。

しっかりと情報収集を

自分のことは自分で決める!とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、退職や転職は、その後の人生を左右する一世一代の大事な決断です。

次のキャリアで失敗しないためにも、すべてをひとりで決めるのではなく、時には周りの意見を聞いてみたり、転職した方の体験談を聞くなど情報収集することも大切です。

例えば、「今の職場は辞めたいけれど美容師は続けたい」とお考えであれば、様々なサロンの見学に行ってみるのもいいでしょう。

また、美容師のお仕事に限らず、転職先として検討している会社の方針やキャリアプラン、給与体系や福利厚生などもしっかりとリサーチしておく必要があります。

同じ失敗を繰り返さず、理想の働き方を見つけるためにも、時には周りに頼りながらしっかりと情報を集めた上で転職活動に臨んでくださいね。

美容師資格を活かした“パーツ美容”という働き方

美容師の転職先として、もう一度美容師としてのキャリアを積まれる方ももちろんいらっしゃいますが、決して道はそれだけではありません。

美容の知識を活かしてメイクアップアーティストやネイリストなどの道に進まれる方もいらっしゃいますし、発想力やコミュニケーション力を活かしてエンジニアや営業職といった異業種に進まれる方もいらっしゃいます。

美容師として培ってこられた経験やスキルは様々なステージで活かすことができますが、「美容師免許を活かしたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのひとつとしてご紹介させていただきたいのが、まつげエクステンションやアイブロウデザインといった“パーツ美容”のお仕事です。美容に関する様々な事業を展開してきたピアスグループでは、こうしたパーツ美容サロンを4ブランド展開。


- アナスタシア ミアレ(職種:アイブロウスペシャリスト)
- ビューズ(職種:アイブロウスタイリスト)
- インフェイシャス(職種:アイスタイリスト)
- ケサランパサラン(職種:アイラッシュデザイナー)



いずれも美容師免許が必須のお仕事となり、もともと美容室で勤務されていた美容師からの転身者も多数活躍しています。

アナスタシア ミアレ(職種:アイブロウスペシャリスト)

アナスタシア ミアレは眉専門サロンとして2004年に1号店をオープン。

アイブロートリートメントのパイオニアとして、これまで250万人以上の女性を中心としたお客さまにご来店いただき、今では「アイブロウと言えばアナスタシア ミアレ」と言われるほどに成長してきました。

施術後、美しくなった眉を見て感動されるお客さまが多く、日々やりがいを感じられるお仕事です。

【アナスタシア ミアレの仕事内容】

ワックスを使用して眉をトリートメントしていくスタイルです。 アナスタシア独自の眉理論に沿った丁寧なカウンセリングで、お客様の骨格・筋肉などのバランスを確認し、「自眉の美しさを生かした眉」を提供しています。施術は、脱毛ワックスとツィザー(専用毛抜き)を使用して処理し、自眉を最大限に生かした美しい眉に仕上げます。

ビューズ(職種:アイブロウスタイリスト)

ビューズは眉カットや眉デザインを中心としたビューティーサービスを行う眉専門サロン。

クイックで自然な仕上がりが好評なビューズのアイブロウケアは、身近なサロンとして女性だけでなく男性からも支持されています。マスク生活が日常化し、パーツ美容の人気が高まる中、業界内でも注目を集めているサロンです。

【ビューズの仕事内容】

丁寧なカウンセリングと技術テストをパスした専門知識を持ったアイブロウスタイリストが、お客様お一人お一人の骨格に合わせてフリーハンドで施術を行っています。 また、キレイを実現するメイクから、いつもと一味違った自分を引き出すメイクまで、お客さまにぴったりのメイクのご提案も行っています。ナチュラルメイクもしっかりメイクも、眉ひとつで変わってしまう!・・・そんな驚きをお客様と一緒に味わえるのが、ビューズの「アイブロウスタイリスト」のお仕事です。

インフェイシャス(職種:アイスタイリスト)

インフェイシャスは、眉・まつげ・ネイル ― 「劇的に新しい私へ」をコンセプトに、お客さまお一人おひとりの美しさを引き出しながらも、見た目を劇的に変身させる複合型パーツビューティーサロン。

アイブロウトリートメント、まつげのエクステンション、美爪を育むケア&カラーリングのネイルの美容施術など、一度のご来店で複数のサービスをご利用いただけるタイムセービング型施術が可能です。

ピアスグループのさまざまな製品も取り扱っており、トータルでお客さまの美容アドバイスが行えるブランドです。

【インフェイシャスの仕事内容】

アイスタイリストは、目元スタイリングのプロフェッショナル。眉(アイブロウトリートメント)とまつげ(エクステンション)両方の技術を習得。顔の印象を最も大きく変える「目もと」を、お一人おひとりのお顔立ちやご要望にあわせてトータルプロデュースするお仕事です。眉・まつげの施術は「美容師免許取得者」が、ネイル施術は「日本ネイリスト技能検定試験」をパスしているスタッフが担当します。

ケサランパサラン(職種:アイラッシュデザイナー)

ケサランパサランは、独自のパーツ美容とメイクアップで、化粧品だけでは実現しないお客さまの「なりたい顔」を叶える、フェイスデザインの専門店。

まつげエクステンション「アイラッシュデザイニング」、眉デザイン「アイブロウデザイニング」のパーツ美容を展開し、高度な技術とデザイン性を強みに、美容への感度の高い幅広い年齢層の女性たちから信頼を得ています。

【ケサランパサランの仕事内容】

カウンセリングでお客様のご要望や目の形に合ったデザインを決定・施術します。施術後の仕上がりをより際立たせるメイクアップまでご提案。女性の「目元」からお顔まで美しく演出するお仕事です。

安心して働ける充実の福利厚生

ピアスグループでは、美容師免許を活かした働き方はもちろん、オンもオフも充実した日々を過ごせるよう、手厚い福利厚生もご用意しています。

休日は【月8日休、または月9~10日休】から選択可能。月2回は希望休も提出でき調整すれば土日休みも可能です。
また、産休・育休制度に加え、時短勤務も導入し、ライフステージが変わっても、結婚・出産後も安心して働き続けることができる体制を整えています。

▼仕事もプライベートも充実した日々を過ごしている社員のエピソードや産休・育休を経てママとして働く社員のエピソードについてはこちらの記事をご覧ください。

最後に|あなたらしく活躍できるキャリアを

ここまで、美容師の退職理由や退職前に考えておくべきこと、美容師免許を活かした新しい働き方についてご紹介させていただきました。

退職や転職を検討される理由は人それぞれ違いますが、多くの方が「働き方を変えたい」「今より良い環境・条件で働きたい」と思って次のキャリアを考えているのではないでしょうか。

次のキャリアであなたの理想の働き方を叶えるためにも、まずは、あなた自身の今の職場や環境、条件を改めて見つめなおすことが大切です。

そのうえで、転職した先にどんなメリットがあるのか、どんなビジョンが叶えられるのかをじっくりと考えてみてください。あなたが今抱えている悩みや不満も、ちょっとしたきっかけで明るい未来へと変わっていくかもしれませんよ。

美容師としてのご経験をお持ちのあなたであれば、美容師免許といった資格に限らず、美容の知識や豊かな感性、コミュニケーション力など、様々なスキルを活かせる場はいくらでも広がっていると思います。

そのひとつとしてピアスグループで働く道もご検討いただけたなら幸いです。

ぜひ様々な選択肢の中から、あなたらしさを発揮できるフィールドを見つけていってくださいね。

▼「美容師の転職」についてもっと知りたい方は、ぜひこちらの記事も合わせてご覧ください。

関連する記事

関連するキーワード

著者