二十四節気について

二十四節気とは、太陽の通り道である黄道をもとに一年を24分割した時期のことを言います。

【二十四節】
立春/雨水/啓蟄/春分/清明/穀雨/立夏/小満/芒種/夏至/小暑/大暑/立秋/処暑/白露/秋分/寒露/霜降/立冬/小雪/大雪/冬至/小寒/大寒

春分や夏至、秋分、冬至などは、馴染み深いと感じられる方も多いのではないでしょうか。

この「春分・夏至・秋分・冬至」は二十四節気をちょうど4分割した日にあたり、春夏秋冬の移り変わりを告げる目安にもなっています。

大寒(だいかん)とは?

二十四節気において、立春から数えて第24番目、一年の最後の節気となる「大寒(だいかん)」。

ニュースや天気予報などで「大寒」と聞くと「一年で一番寒い時期がやってきたな。」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
大寒はその名の通り一年で最も寒くなる時期とされていて、江戸時代に発行された暦便覧にも「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と、厳しい寒さを表す様子が記されています。

また大寒は、厳寒期を迎える季節であると同時に、春の兆しも感じられるようになる時期。
大寒の次の節気である立春は暦の上では春となり、大寒を過ぎると季節は春へと少しずつ移り変わっていきます。

2022年の大寒はいつ?

2022年の大寒は1月20日。
これは、地球の運行状況を観測したうえで、気象庁が毎年前年の2月1日に発表しています。

次の節気である立春の前日、2月3日までが大寒の時期となります。
この日付を見ると、「本当に一年で一番寒い時期?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
実際に一年で最も平均気温が低くなるのは、2月初旬頃。
大寒とは少し時期がズレていることが分かります。

二十四節気は中国の黄河中流域で生まれて日本へと伝わった暦。
黄河中流域と日本とでは季節の進み方が少々違うことから、このようなズレが生じるのです。

大寒にまつわる行事・風習

大寒の時期には、どのような行事や風習があるのでしょうか?
ここでは、大寒にまつわる2つの風習についてご紹介します。

大寒たまご

大寒の前の節句である小寒の始まりから大寒の終わりまでの期間を「寒の内」と言い、その間に産まれた卵は「寒たまご」と呼ばれています。
その中でも大寒の時期に産まれた卵のことは「大寒たまご」と呼ばれ、子どもが食べると身体が丈夫に大人が食べると金運がアップする縁起物とされています。

現在では品種改良によりニワトリは一年中卵を産むようになりましたが、昔は寒い時期には卵を産まなかったため、寒の内に産まれる卵は大変貴重なものだったそうです。
そのため、寒さに負けずに産み落とされた卵は強運や滋養があると信じられ、縁起物として扱われるようになりました。

今でもそうした風習が受け継がれ、大寒の時期には大寒たまごを使ったお料理やスイーツが各地で振る舞われています。

節分

大寒の最後の日、2月3日の行事と言えば節分。
二十四節気において大寒は最後の節気となり、旧暦では立春が新しい年の始まりでした。

そのため節分の豆まきは本来、年越しに邪気を払う行事として行われていたそうです。
節分には恵方巻を食べるという風習もありますが、これは大正時代に大阪の商人や花街で始まった風習と言われています。
当初はこの時期にできたお新香を海苔巻きにして商売繁盛を願った風習だったそうですが、大阪の海苔屋さんやお寿司屋さんが関西地方全体へとその風習を広め、今では全国的に根付くようになりました。

大寒の時期にオススメの食材

大寒は寒さが厳しくなり空気が乾燥することから、インフルエンザなどの感染症も流行しやすい時期です。
風邪やインフルエンザなどに負けない身体づくりのためにも、旬の食材や栄養価の高い食べ物を取り入れたいですよね。
ここからは、この時期にオススメの食材と、それらのもたらす美容と健康への効果についてご紹介します。

鱈(たら)

魚編に雪という字で表される鱈(たら)。
鍋物に使われることも多く、まさに寒さの極まるこの時期にぴったりな食材です。
また、鱈の白子は冬ならではの味覚。
お鍋や天ぷら、白子ポン酢など、様々な食べ方が楽しめますよ。

鱈の美と健康への効果
鱈は白身魚の中でも脂質が少なく、高タンパク低カロリーなことから、ダイエットにも最適な食材​。
また、カルシウムを吸収しやすくして歯や骨を丈夫に保つ働きのあるビタミンDや、代謝を高めて貧血や風邪の予防にも役立つビタミン12など、健康な身体づくりに欠かせないビタミン類が豊富に含まれています。

さらに鱈の白子に多く含まれるビタミンEは、高い抗酸化作用を持ちアンチエイジング効果抜群!
美肌に欠かせないビタミンB群も豊富に含まれています。
ただし、痛風の原因としても知られるプリン体を多く含み、コレステロール値も高いため、食べ過ぎには注意が必要です。

たくあん

田舎町などに行くと軒先に大根が干されているのを見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
甘味の増した大根を秋頃から干しはじめ、ゆっくりと手間暇かけてつけられたたくあんは、ちょうどお正月頃に食べ頃を迎えます。
先にご紹介した恵方巻も、もともとはその年に出来上がった美味しいたくあんを巻き寿司にして食べていたそうですよ。
たくあんはこの時期にぜひ味わいたい食べ物のひとつです。

たくあんの美と健康への効果

​たくあんのもととなる干し大根には整腸作用のある豊富な食物繊維が含まれていて、便秘の改善やむくみの解消に効果的
食物繊維には不要な脂肪やコレステロールを体外に排出する働きもあり、生活習慣病の予防やダイエットにも最適です。
また、コラーゲンの生成に役立つビタミンCも豊富で、ハリのある若々しいお肌を保つ​のにも役立ちますよ。
さらにたくあんに含まれる植物性乳酸菌は生きたまま腸に届き、善玉菌であるビフィズス菌を増やし悪玉菌を排出する役割も果してくれます。
ただし、塩分も多く含まれるため食べ過ぎには注意しましょう。

寒仕込みのお酒

大寒の時期には、「寒仕込みのモノを口にすると良い」と言われています。
寒仕込みのものとは、この時期の手が切れるほど冷たい寒の水で作られた食品のこと。
寒の水は厳しい寒さゆえに雑菌が繁殖しにくく、酒造りの際には発酵がゆっくり進むため、寒の水で作られた日本酒は味に深みが出るとも言われています。
また、お米と米麹を発酵させて造る日本酒は、美容に嬉しい成分も豊富に含まれています。

日本酒のもたらす美と健康への効果
日本酒を造る過程で生み出される麹菌には、メラニンの生成を抑制する働きや保湿作用があり、美白や美肌に効果的
また、抗酸化作用を持つフェルラ酸も豊富で、シミやシワ予防にも役立ちます。
さらにお肌のターンオーバーを促すフルーツ酸(AHA)も含まれていて、古い角質を除去してツヤのあるお肌を作るだけでなく、ニキビを治す効果も期待できます。
もちろん、飲み過ぎには注意が必要ですが、適量のお酒を摂ることで美肌作りにも役立ちますよ。

大寒にぴったりの植物

大寒は、寒さが極まると同時に少しずつ春の兆しが感じられるようになる頃。
寒さに負けずに芽吹き始める、この時期ならではの植物をご紹介します。

ふきのとう

二十四節気をさらに3つの候に分けたものを七十二候と呼び、それぞれその時期の動植物の様子が表されています。
大寒の七十二候は「初候:款冬華(ふきのはなさく)、次候:水沢腹堅(さわみずこおりつめる)、末候:鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」
雪の中からふきが芽を出し、沢の水が氷るほど冷たくなり、大寒の終わりには鶏がやっと卵を産む、という寒さの中にも春を感じられるような様子が目に浮かんできますね。

この七十二候にも記されているように、大寒の時期になるとふきの芽(ふきのとう)が山々で見られるようになります。

ふきのとうの効能
ふきのとうには強い抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれていて、老化を防ぎアンチエイジングにも効果的
ビタミンEには、血行を促進して冷え性を改善したり、ホルモンバランスを整えて更年期障害を予防する働きもあると言われています。
また、丈夫な骨を作るのに役立つビタミンKも豊富で、骨粗しょう症の予防にも効果的。
ビタミンKは妊婦さんにも必要な栄養素と言われているため、妊娠中の方はぜひ摂り入れたい食材です。
ただし、ふきのとうはアクや根っこに毒性を持つため、食べる際には注意が必要です。

蝋梅(ろうばい)

別名カラウメとも呼ばれる蝋梅(ろうばい)は、12月~2月頃に開花時期を迎え、香りの良い黄色い花を咲かせます。
雪中四友とも呼ばれる雪の中で咲く4つのお花のひとつで、厳しい寒さの中に春の兆しを感じさせる、まさに大寒の時期を表すようなお花なのです。

蝋梅(ろうばい)の効能
ろうばいは、香りの良さからアロマオイルや香水、お香として親しまれています。
ろうばいの香りには心を落ち着かせる精神安定効果​があるため、玄関先や寝室にろうばいのお花を飾るのもオススメですよ。
また、蕾から抽出したエキスには鎮痛作用解熱作用抗菌作用もあり火傷や傷の手当や、鎮痛・解熱の民間薬としても使われています。

まとめ

一年で最も寒さが増し、各地で大雪に見舞われることもある「大寒」の時期。
厳しい寒さが続くからこそ、風邪やインフルエンザなどの感染症に負けない身体づくりを心掛けたいものです。

また、大寒は暦の上では一年の終わりの時期。
今年の節分には、旧暦の年の瀬を感じながら、豆まきをしたり恵方巻にかぶりついたりしてみてはいかがでしょうか?

寒さの中にも少しずつ芽吹き始める春の兆しを感じながら、あたたかい春の訪れをゆっくりと待ちたいものです。

ぜひ、今回ご紹介させていただいた食材などもご参考にしていただき、厳しい寒さを美しく健康に乗り越えてくださいね。

Style-W(Woman&Work)とは

美容ブランドを多数運営しているピアスグループの採用メディアです。
ピアスグループでは、アイブロウ・アイリスト・ネイリスト・エステティシャン・シェービング・美容部員など、店頭で美容に関するサービスを提供・接客するスタッフのことを「アテンダントスタッフ」と呼んでいます。
お客様に寄り添い、美しくなるためのお手伝いをすることがアテンダントスタッフの使命です。
Style-Wでは、アテンダントスタッフのインタビューやピアスグループの魅力をお伝えしています。

BEAUTY COLUMNについて

BEAUTY COLUMNでは、美と健康に関心の高い女性のために役立つ情報を発信しています。
美容に関するお役立ち記事や、季節のキーワードをもとにしたコラムなど、女性の健やかな暮らしをサポートする情報をお届けします。


関連する記事

関連するキーワード

著者