二十四節気について

二十四節気とは、太陽の通り道である黄道をもとに一年を24分割した時期のことを言います。

【二十四節】
立春/雨水/啓蟄/春分/清明/穀雨/立夏/小満/芒種/夏至/小暑/大暑/立秋/処暑/白露/秋分/寒露/霜降/立冬/小雪/大雪/冬至/小寒/大寒

春分や夏至、秋分、冬至などは、馴染み深いと感じられる方も多いのではないでしょうか。

この「春分・夏至・秋分・冬至」は二十四節気をちょうど4分割した日にあたり、春夏秋冬の移り変わりを告げる目安にもなっています。

立秋とは

二十四節気のひとつで、大暑(たいしょ)の次の節気にあたる「立秋」。

8月7日頃から8月22日頃までの期間となり、実際にはまだまだ夏真っ盛りの時期ですが、暦の上では夏を過ぎ秋への移り変りを表す季節です。
この時期になると天気予報やニュースなどで「暦の上では秋ですが、まだ残暑が厳しいですね。」などといったフレーズを耳にすることもあるのではないでしょうか?

立秋の時期はまだ暑さが残りますが、立秋を終える頃には暑さも和らぎ、秋らしさが深まっていきます。

2021年の立秋はいつ?

2021年の立秋は、8月7日。2022年も同じ8月7日と定められています。

この日付は地球の運行状況を観測したうえで、国立天文台が前年の2月1日に正式に発表しています。

立秋の由来について

文字通り「秋の気が立つ」という意味から成る【立秋】。
秋の気が立つというと、「秋の気配を感じる」ということのように感じますよね。
でも実は、「夏の暑さが極まって、秋の気配が立ち始める」という意味。

秋の気配が訪れながらもまだまだ夏の暑さが残ることから、この時期を残暑と表すようになったとも言われています。

立秋を迎えてから出すお便りは、“暑中見舞い”ではなく“残暑見舞い”になるのです。

立秋の時期の行事“お盆”

ご先祖様の魂をお迎えして供養する行事として古くから日本に伝わる“お盆”。
お盆の期間には故郷へ帰省する方も多いのではないでしょうか。

地域によっては7月に行うこともありますが、一般的には8月13日~8月16日の4日間がお盆の時期とされていて、ちょうど立秋の時期に重なります。

お盆には盆入りの8月13日に迎え火をしてご先祖様をお迎えし、8月16日の送り火で送り出すまでの間、ご先祖様が精霊棚に滞在していると考えられています。

こうした迎え火・送り火は、京都や箱根などで行われる大文字焼きや、長崎で行われる精霊流しなどの行事としても親しまれています。

立秋は体調管理の難しい時期

立秋は、日中は残暑が厳しい一方で朝晩は涼しく感じられるようになり、一日の気温差が激しい時期でもあります。

そうした気温の変化により自律神経が低下し、体調を崩しやすかったり気分が落ち込みやすいなど、体調の管理がとても難しい時期とも言われています。

こうした時期には、ゆっくりと内臓から身体を温めるよう意識しましょう。

内臓をあたためるには、根菜類や桃などの温性の食べ物を摂るのがオススメ。
また、適度な運動をしたりゆっくりとお風呂に浸かって汗を流すことで、冷えの解消や自律神経の乱れの改善にもなりますよ。

立秋の時期にオススメの食べ物

体調管理の難しい時期でもある立秋ですが、旬の物を摂り入れることで自ずと時期に合った効能が得られ、体調の回復にも役立ちます。

ここでは、立秋の時期にオススメの食べ物と、食材がもたらす効能・美容効果についてご紹介します。

茄子(なす)

夏野菜の代表とも言えるなす。

なすは約95%が水分のため、栄養があまりないと思われがちですが、効果的に身体の熱を下げてくれたり、紫外線を予防する効果もあり、この時期にピッタリの食材です。

なすがもたらす美容効果とは?
なすにはポリフェノールの一種であるナスニンや、血液の循環に効果的なカリウムが多く含まれています。

ナスニンには強力な抗酸化作用があると言われていて、この時期気になる紫外線から肌を守ってシミやシワなどの生成を抑制し、肌の老化防止に効果を発揮します。
また、カリウムは高い利尿作用があり、余分な塩分な水分を体の外に排出する働きがあります。
一方でなす自体は水分量が多いため、体内の水分量をしっかりと調節する役割も果たしているのです。

オススメのなすの食べ方
なすに含まれるナスニンは特に皮に多く含まれるため、丸ごと食べるのがオススメ。
また、カリウムは熱すると働きが弱まるため、お漬物サラダなど、生のままいただくと、より効果的に栄養素を摂り入れられますよ。

おくら

おくらは「食べる美容液」と呼ばれるほど、美容や美肌の効果が高い食材のひとつ。
ねばねばに含まれる成分を上手に摂り入れることで、より高い美容効果が期待できます。

おくらがもたらす美容効果とは?
おくらのねばねばに含まれる、ムチンには高い保湿効果があり、お肌の水分を保ちハリやツヤを与えてくれる働きがあります。また、疲労回復に効果的なビタミンB1はピーマンの約3倍も含まれると言われていて、夏バテ予防にも効果的。
体内でビタミンAに変換されるβカロチンも多く含まれ、髪や肌の新陳代謝を促し、アンチエイジング効果も発揮してくれますよ。

オススメのおくらの食べ方
おくらは水溶性食物繊維で熱に強く、さっと茹でることでねばねばの成分が出てくる食材です。
ねばねば成分に含まれるムチンは、たんぱく質と一緒に摂ることでより吸収しやすくなる性質があるため、薄切り肉でおくらを巻く肉巻きにしたり、刻んで冷ややっこの上にかけるなどしていただくのがオススメです。

ズッキーニ

ズッキーニは見た目はきゅうりのようですが、実はかぼちゃの仲間。
豊富な栄養を含み、食べ応えがありながらも低カロリー。ダイエット中にも取り入れやすい食材です。

ズッキーニがもたらす美容効果とは?
ズッキーニに含まれるビタミンCは、紫外線によるメラニンの沈着を抑制するだけでなく、コラーゲンを合成する働きもあり美肌効果抜群
さらに抗酸化作用の高いβカロチンも豊富に含まれていて、アンチエイジングにも効果的です。
また、酸素を運び赤血球を成熟させる働きのある葉酸も含まれ、妊婦さんや、妊娠を計画している方にも嬉しい効果を発揮してくれますよ。

オススメのズッキーニの食べ方
ズッキーニに含まれるビタミンCは水溶性で水に溶けやすい性質のため、水を使わずにナスやトマトなどの他の夏野菜と一緒に煮込むラタトゥイユがオススメ。鮮やかな見た目に食欲もそそり、夏野菜の栄養素を丸ごと味わえますよ。

立秋の時期にピッタリの植物

季節の移り変わりは、植物の変化からも感じられるものですよね。
ここでは、立秋の時期にピッタリの植物と、その効能についてご紹介します。

ほおずき

ほおずきはふっくらと赤く膨らんだ姿が盆提灯に似ていることから、お盆の時期にはお供え飾りとして精霊棚に飾られることもある植物。
まさに立秋の時期を象徴する植物と言えます。
実はほおずきは豊富な栄養価を含み、海外ではスーパーフードとして注目を集めているのです。

ほおずきの効能
食用のほおずきはゴールデンベリーとも呼ばれ、実の部分を乾燥させドライフルーツとして食べるのが一般的です。
ほおずきには、βカロチン、ビタミンC、鉄分、バイオフラボノイド、食物繊維など様々な栄養素が含まれています。
中でもβカロチンは高い抗酸化作用があり、老化防止だけでなくガン予防にも効果的
子どもの発育に必要な栄養素のひとつでもあり、成長の促進も期待できます。
また、バイオフラボノイドは美肌には欠かせないビタミンCの吸収を助ける作用があり、アンチエイジング効果も抜群。
食物繊維も豊富で、便秘やむくみの解消など、美容に嬉しい効果が満載です。

つゆくさ

つゆくさは、6月頃から9月頃まで青く可愛らしい花を咲かせる野草のひとつ。
実は野草の中ではアクやクセがなく、食用として食べられたり、薬草としても用いられている植物なのです。

つゆくさの効能
つゆくさには解熱や解毒作用があり、湿疹やかぶれの改善や眼病治療の薬草として用いられています。
また、利尿作用も高く、むくみの解消にも効果的。
血圧の上昇を抑制したり動脈硬化を予防する働きもあることから、乾燥させた葉をお茶にして飲むつゆくさ茶は健康食品のひとつとして注目を集めています。
さらに糖質の吸収を抑える働きもあり、つゆくさ茶はダイエット効果も期待されています。

まとめ

まだまだ夏の暑さを感じながらも、秋への入口を知らせる「立秋」。

朝晩は秋らしい涼しさを感じられる一方で、日中はまだまだ残暑が厳しく体調を崩しやすい方も多くいらっしゃると思います。
気温の変化が激しく体調管理の難しい時期だからこそ、旬の食材をゆっくりと味わいながら体調を整えたいですよね。

お盆とも重なるこの季節、ご先祖様を近くに感じながらご自身の身体ともしっかりと向き合いたいものです。
ぜひ今回ご紹介させていただいた食材や植物もとりいれながら、残暑を乗り越え、少しずつ秋の訪れを感じてみてくださいね。

PIAStyle(ピアスタイル)とは

美容ブランドを多数運営しているピアスグループの採用メディアです。
ピアスグループでは、アイブロウ・アイリスト・ネイリスト・エステティシャン・シェービング・美容部員など、店頭で美容に関するサービスを提供・接客するスタッフのことを「アテンダントスタッフ」と呼んでいます。
 お客様に寄り添い、美しくなるためのお手伝いをすることがアテンダントスタッフの使命です。
PIAStyleでは、アテンダントスタッフのインタビューやピアスグループの魅力をお伝えしています。

BEAUTY COLUMNについて

BEAUTY COLUMNでは、美と健康に関心の高い女性のために役立つ情報を発信しています。
美容に関するお役立ち記事や、季節のキーワードをもとにしたコラムなど、女性の健やかな暮らしをサポートする情報をお届けします。


関連する記事

関連するキーワード

著者