二十四節気について

二十四節気とは、太陽の通り道である黄道をもとに一年を24分割した時期のことを言います。

【二十四節】
立春/雨水/啓蟄/春分/清明/穀雨/立夏/小満/芒種/夏至/小暑/大暑/立秋/処暑/白露/秋分/寒露/霜降/立冬/小雪/大雪/冬至/小寒/大寒

春分や夏至、秋分、冬至などは、馴染み深いと感じられる方も多いのではないでしょうか。

この「春分・夏至・秋分・冬至」は二十四節気をちょうど4分割した日にあたり、春夏秋冬の移り変わりを告げる目安にもなっています。

霜降の意味とは

霜降(そうこう)は、二十四節気における秋の最後の節気。
文字通り、朝晩の冷え込みが一層増して草花に霜が降り始める様子があらわされています。

およそ10月23日~11月6日頃にあたり、秋の終わりを告げて冬へと季節が移り変わってゆく時期。
この頃にはだんだんと日も短くなり、冷たい風とともに冬の兆しが感じられるようになります。

2021年の霜降はいつ?

2021年の霜降は、10月23日

この日付は地球の運行状況を観測したうえで、毎年国立天文台が前年の2月1日に発表しています。
10月23日にはじまり、次の節気である「立冬」までの15日間が、霜降の期間。

山は紅葉で彩られ、寒さの増すこの時期には衣替えをする方も多いのではないでしょうか。
季節が大きく変わることから、体調の変化にも気を付けたい時期です。

霜降の時期の雑節「秋の土用」とは?

日本の雑節のひとつである土用。
土用といえば、夏をイメージする方も多いと思いますが、実は春夏秋冬すべての四季に土用の日が設けられています。

土用は各季節の終わりの18日間を指す雑節で、2021年の期間はそれぞれ以下の通り。

・冬土用) 1月17日~2月2日  ・春土用) 4月17日~5月4日
・夏土用) 7月19日~8月6日  ・秋土用) 10月20日~11月6日

秋の土用は、ちょうど霜降の時期にあたります。

夏の土用には「丑(うし)の日に鰻を食べて夏バテを解消する」という風習が一般的ですが、秋の土用にはどのような習わしがあるかご存じですか?

秋の土用は夏の疲れが出やすい時期と言われており、「辰(たつ)の日」に“た”のつくものや“青いもの”を食べると良いとされています。
例えば、“た”ならタコや玉ねぎ、“青いもの”なら鯖やさんまなどの青魚を食べて、体調を整える風習があるのだそうですよ。

夏だけでなく、四季折々の土用に着目してみると、季節にあった食材や体調管理の仕方が見えてくるかもしれませんね。

霜降の時期に味わいたい食べ物

「秋の土用には“た”のつくものや“青いもの”を食べると良い」と、ご紹介させていただきましたが、食欲の秋真っ盛りのこの時期に味わいたい食材は他にもたくさんあります。

ここからは、この時期にいたただきたい旬の食材と、それらの食材がもつ健康や美容への効能についてご紹介します。

かぼちゃ

秋野菜の定番として知られるかぼちゃ。
βカロテンを豊富に含む緑黄色野菜の代表としても挙げられ、体調やお肌の調子を整えてくれる栄養満点の食材です。

かぼちゃのもたらす美と健康への効果
かぼちゃに含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変化します。
ビタミンAは肌のターンオーバーを促す働きがあり、シミやくすみの改善に効果的
皮膚を健康に保つビタミンB群やコラーゲンの生成を助けるビタミンC、肌を紫外線から守り若返りビタミンとも呼ばれるビタミンEなどのビタミンも豊富で、アンチエイジング効果も抜群です。
また、余分な塩分や水分を排出してくれるカリウム食物繊維も含まれていて、むくみ予防や便秘改善の効果も期待できますよ。

「柿が赤くなれば医者が青くなる」そんなことわざを聞いたことがある方も多いでしょう。
本来は、「柿が赤く実る頃は、気候が良く病人が減って医者が困る」という意味から成ることわざだそうですが、柿は医者いらずな食べ物とも言われるほど、とても栄養価の高い果物なのです。

柿のもたらす美と健康への効果
柿に含まれる栄養素の中でも群を抜いているのがビタミンC。
柿にはミカンの2倍以上ものビタミンCが含まれていて、柿ひとつを食べるだけで一日に必要なビタミンCを補うことができると言われています。
また、むくみ予防に効果的なカリウムや高い抗酸化作用のあるポリフェノール成分も豊富で、若々しく健康なお肌を保つのに効果的。
さらに柿に含まれるβカロテンはビタミンCとの相乗効果によって、粘膜を強化したりウイルスの抵抗力を高める働きもあります。
寒くなって乾燥しがちなこれからの季節の、風邪予防肌荒れ防止の効果も期待できますよ。

小さいお子さまから大人まで幅広い世代に人気の鮭。
栄養価も高く、お刺身などの生食からおにぎり、塩焼き、フライなど、様々な調理法で楽しめることから食卓に並ぶ機会も多いのではないでしょうか?
鮭は栄養価が高いだけでなく、美容やダイエットにも効果を発揮してくれる、女性には特に嬉しい食材です。

鮭のもたらす美と健康への効能
鮭に含まれるアスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍もの高酸化力を持つと言われており、シミやたるみを予防する他、体内の酸化や老化を防ぐのに効果的。
このアスタキサンチンは脂肪を分解して燃焼を促す作用もあり、ダイエットのサポート食としても注目されています。

また、ヒアルロン酸よりも高い潤い効果があるとされるプリテオグリカンも含まれ、アンチエイジング効果も抜群
この時期に旬を迎える秋鮭は、お肌にも身体にも嬉しい効果をもたらしてくれますよ。

霜降の時期にピッタリの植物

霜降の時期には、草木が紅葉し、冬の訪れを感じさせるような植物も次々と花を咲かせます。
ここでは、この時期にピッタリの植物とその効能についてご紹介します。

サフラン

紫色の美しい花を咲かせるサフランは、10月中旬頃に開花し、まさにこの時期にピッタリの植物。
サフランと言えば、香りや色づけのスパイスが一般的ですが、そのスパイスはお花のめしべを乾燥させたもの。サフランは、栄養価も希少価値も高いスパイスとして知られています。

サフランの効能
サフランは、お花のめしべだけを使ったスパイスのため、量産できず希少価値が高く効果なスパイスのひとつ。
サフランのめしべには、ビタミンA、B2、Cなどの豊富なビタミンを含む他、食生活で不足しがちな葉酸銅、カリウム、鉄、マグネシウムなども多く含まれています。
こうした豊富な栄養素には、メラニンの生成を抑制する働きがあるほか、ニキビやシワの改善にも効果的。
老廃物を排出する働きや、抗酸化作用もあり、デトックス効果アンチエイジング効果も期待できます。
また、女性特有の悩みである、生理不順や生理痛、更年期障害などの症状を軽減する働きもあると言われています。
一方で、サフランには子宮の動きを活発にする働きがあるため、妊娠中の方や授乳中の方は、摂取しすぎないよう注意が必要です。

さざんか

「さざんか さざんか 咲いた道~♪」
さざんかと聞くと、童謡の「たき火」を思い浮かべる方も少なくないのではないでしょうか。
この歌の通り、さざんかは風が冷たく寒さが感じられるようになってきた頃に咲くお花。
ちょうど霜降の時期に開花を迎え、冬が近づいていることを知らせてくれるお花なのです。

さざんかの効能
​さざんかはツバキ科の一種で、花の形や特性も椿にとても良く似ていると言われています。
髪や皮膚に潤いを与える「ツバキ油」は有名ですが、実は「さざんか油」も同じような特性を持つ不乾性油。
髪や皮膚につけてもべたつかず、皮膚の炎症やフケや痒みを抑える効果があります。
また、オレイン酸を豊富に含み、保湿効果が高いのも特徴のひとつ。
乾燥からお肌を保護したり、ツヤや潤いのあるお肌をつくる効果も期待できますよ。

まとめ

秋の終わりを告げ、冬の訪れを知らせる「霜降(そうこう)」。
朝晩の冷え込みが一層増し、乾燥しがちなこの季節は、風邪やお肌の乾燥が気になる時期ですよね。

こうした体調の変化やお肌のトラブルを予防するためにも、旬の食材をしっかり取り入れて健康と美容を保っていきたいですね。
ぜひ今回ご紹介させていただいた食材や植物もご参考にしていただきながら、寒さの増すこの季節も元気にお過ごしくださいね。

PIAStyle(ピアスタイル)とは

美容ブランドを多数運営しているピアスグループの採用メディアです。
ピアスグループでは、アイブロウ・アイリスト・ネイリスト・エステティシャン・シェービング・美容部員など、店頭で美容に関するサービスを提供・接客するスタッフのことを「アテンダントスタッフ」と呼んでいます。
 お客様に寄り添い、美しくなるためのお手伝いをすることがアテンダントスタッフの使命です。
PIAStyleでは、アテンダントスタッフのインタビューやピアスグループの魅力をお伝えしています。

BEAUTY COLUMNについて

BEAUTY COLUMNでは、美と健康に関心の高い女性のために役立つ情報を発信しています。
美容に関するお役立ち記事や、季節のキーワードをもとにしたコラムなど、女性の健やかな暮らしをサポートする情報をお届けします。


関連する記事

関連するキーワード

著者