二十四節気について

二十四節気とは、太陽の通り道である黄道をもとに一年を24分割した時期のことを言います。

【二十四節】
立春/雨水/啓蟄/春分/清明/穀雨/立夏/小満/芒種/夏至/小暑/大暑/立秋/処暑/白露/秋分/寒露/霜降/立冬/小雪/大雪/冬至/小寒/大寒

春分や夏至、秋分、冬至などは、馴染み深いと感じられる方も多いのではないでしょうか。

この「春分・夏至・秋分・冬至」は二十四節気をちょうど4分割した日にあたり、春夏秋冬の移り変わりを告げる目安にもなっています。

秋分の日とは

「秋分の日」は、国民の祝日のひとつですよね。
実は、戦前には「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」と呼ばれていて、歴代の天皇や皇族の霊を祭る儀式を行う日と位置付けられていました。
その後、昭和23年に「秋分の日」に改名され、国民の祝日として定められました。

また、秋分の日は、太陽の通り道である黄道と地球の赤道とが交差する秋分点を、太陽が通り過ぎる日。
春分の日も同じく黄道と赤道が交差する春分点を太陽が通過する日で、秋分の日も春分の日も、昼間と夜との長さがほぼ同じになる日と言われています。

秋分の日を境に昼間の時間が少しずつ短くなり、涼しさの増す季節へと移り変わっていくのです。

2021年の秋分の日はいつ?

2021年の秋分の日は、9月23日
近年は敬老の日を含む秋の大型連休、シルバーウィークの日程を左右する祝日にもあたり、「今年の秋分の日はいつ?」と注目する方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、2021年の敬老の日は9月20日(月)。
カレンダー上、9月18日(土)~9月20日(月)は三連休となりますが、敬老の日と秋分の日が繋がるような大型連休にはならないようです。

秋分の時期の雑節「お彼岸」

お彼岸​は、日本の雑節のひとつ。
春には春分の日を、秋は秋分の日を中日とした前後3日間の計7日間が、お彼岸の期間にあたります。

春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」、秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人々をしのぶ日」として位置づけられ、お彼岸は、自然やご先祖様に感謝を捧げ供養をする伝統行事として古くから伝わってきました。
お彼岸の時期にはお墓参りに行くという方も多いのではないでしょうか?

また、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉の通り、この時期は残暑も落ち着き気温がぐんと下がる時期。
お彼岸の時期には、季節の移り変わりを感じながら、ご先祖様に手を合わせて心穏やかに過ごしたいものですね。

お彼岸におはぎを食べる意味とは?

お彼岸の時期にはおはぎを食べる方も多いと思いますが、なぜそのような風習が根付いたかご存じでしょうか?
おはぎに使われる小豆は、邪気を払う食べ物と言われていることから、ご先祖様を供養するお彼岸の時期に食べられるようになったと言われています。

ちなみに、おはぎをぼたもちと呼ぶこともありますが、実はどちらも同じもの。
ぼたもちは春に咲く牡丹、おはぎは秋に咲く萩の花にちなんで、ふたつの呼び方が広まったそうです。

また、小豆はとても栄養価が高く、美容や健康にも嬉しい効果が期待できる食材のひとつ。
小豆には、疲労回復に効果的なビタミンB群腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれ、季節が大きく変わり体調を崩しやすいこの時期にはぜひとり入れたい食材です。
さらに、赤ワインの1.5倍ものポリフェノールが含まれ、中性脂肪やシミ・シワの生成を抑制してくれることから、アンチエイジングにも効果的​なのです。​

秋分の時期に味わいたい食べ物

秋分の時期にはおはぎ以外にも味わいたい食材がたくさんあります。
ここからは、実りの秋を迎える秋分の時期にいただきたい旬の味覚をご紹介します。
それぞれの食べ物が健康や美容へもたらす効果についても解説します。

さつまいも

秋の味覚の代表とも言えるさつまいも。
さつまいもは炭水化物で太りやすいのでは?と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、食物繊維が豊富で思ったほどカロリーを摂取しないため、ダイエット食としても摂り入れられています。

さつまいものもたらす美と健康への効果
さつまいもに最も多くふくまれている栄養素と言えば食物繊維。
食物繊維は、体内に腐敗物を溜め込むもととなる悪玉菌を排出し、健康維持に役立つ善玉菌を増やす役割があると言われています。
悪玉菌を身体の外に排出することで腸内環境が整い、便秘解消やニキビなどの肌トラブルの解消が期待できます。
また、さつまいもにはシミやシワを抑制する抗酸化作用をもたらすビタミンEや、お肌にハリを与えるコラーゲンを生成するビタミンCなども豊富に含まれ、美肌効果も抜群
美腸にも美肌にも嬉しい効果を発揮してくれる食材なのです。

花梨(かりん)

かりんは、秋から冬にかけて旬を迎える、バラ科の果実。
中にはのど飴やはちみつ漬けをイメージされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
もちろん、咳止めとしても効果的なのですが、実はビタミンやカロテンも豊富に含まれ、美容効果も期待できる果物です。

かりんのもたらす美と健康への効果
かりんには、コラーゲンの生成を高めるビタミンCが豊富に含まれ、美肌や美白に効果的
サポニンやリンゴ酸、クエン酸などの有機酸も含まれ、お肌を引き締める役割も果たしてくれます。
中でもクエン酸には疲労回復効果や身体を温めてくれる効果もあり、気温の下がるこの時期にはぜひ摂り入れたい食材のひとつ。
実が固く渋みも強いことから、一般的には生で食べることはありませんが、かりん酒やシロップ漬けとして親しまれています。
また、糖分を多く含むかりんは、化粧品として使われることもあるほど、優れた保湿効果があるとも言われています。

鯖(さば)

秋さば、寒さばと言われるように、秋から冬にかけて脂がのり旬を迎える鯖。
近年では、多くのメディアで鯖缶レシピが紹介されるなど、万能食品としても注目が集まっています。
また、​DHAやEPAを多く含む青魚は健康効用が高いことでも知られていますが、中でもさばは、一部の魚に多く含まれる水銀が少なく、小さいお子さんでも安心していただける食材なのです。

さばのもたらす美と健康への効能

脂ののったさばは太ってしまいそう…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はさばの脂肪分に含まれるDHAやEPAは、中性脂肪を減らし内臓脂肪をつきにくくする働きがあり、ダイエット中でも安心。
抗酸化作用や粘膜・細胞膜の老化を防ぐ効果のあるビタミンA、ビタミンEも豊富に含まれ、アンチエイジング効果も期待できます。
中でもビタミンEは、ホルモンバランスを整える働きもあり、生理不順や更年期障害など多くの女性が抱える悩みの改善にも役立つ栄養素のひとつ。
また、古い角質や皮脂を取り除く効果のあるビタミンB2も含まれ、若々しく美しいお肌を保ってくれますよ。

秋分の時期にピッタリの植物

季節が移り変わり、秋らしい植物を目にする機会の増えるこの時期。
ここでは、秋分の時期にピッタリの植物やその効能についてご紹介します。

彼岸花

秋のお彼岸を象徴するお花とも言える彼岸花。
葉がなく独特な花を咲かせることや、お彼岸の時期に咲くことから、別名「地獄花、幽霊花」とも呼ばれ、中には不吉なイメージを抱く方もいるようです。

彼岸花の効能
彼岸花の球根には、毒があると言われており、彼岸花はその毒性から畑や田んぼを虫や外敵から守る役割を果たしてきました。
毒というと怖いイメージを持たれるかもしれませんが、実は彼岸花の球根は精製して漢方として使われることも。
彼岸花の球根を使った漢方には、消炎作用があり、あかぎれなどの手荒れや関節痛の改善に役立てられています。
また、利尿作用もあり、便秘やむくみの改善にも効果が期待できるのです。

萩(はぎ)

秋の七草(ハギ・オバナ・ナデシコ・キキョウ・フジバカマ・クズ・オミナエシ)や、お彼岸に食べるおはぎの由来としても知られる萩の花は、まさに秋分の時期にピッタリの植物。

赤紫色の美しくも派手すぎない、どことなく奥ゆかしい雰囲気のある萩の花は、万葉集の中で最も多く詠まれた花としても知られ、古くから日本人に愛されてきました。

萩の効能
​萩は暑さにも寒さにも強く育てやすいことから、一般的には園芸用としても親しまれていますが、実は薬草としても用いられています。
特に、婦人のめまいやのぼせの改善に効果的とされていて、古くから女性たちの体調改善に役立てられてきました。
また、昔は萩の実を粉にしてお餅に混ぜて食べられていたそうで、これが「おはぎ」の由来になったとも言われています。

まとめ

秋分は、ぐんと秋の深まりを感じられるようになる時期。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、急に気温が下がり、体調を崩しやすいという方も多いのではないでしょうか?
そんな時こそ、季節を感じられるような旬の食材をいただきながら、じっくりと自分自身の身体と向き合いたいですね。

また、秋分は、お彼岸とも重なる時期。
ゆっくりとご先祖様に手を合わせて心穏やかに過ごしてみてはいかがでしょうか。

涼しさの増す秋分の時期を美しく健康的に過ごすためにも、ぜひ今回ご紹介させていただいたオススメの食材や植物を参考にしていただければ幸いです。

PIAStyle(ピアスタイル)とは

美容ブランドを多数運営しているピアスグループの採用メディアです。
ピアスグループでは、アイブロウ・アイリスト・ネイリスト・エステティシャン・シェービング・美容部員など、店頭で美容に関するサービスを提供・接客するスタッフのことを「アテンダントスタッフ」と呼んでいます。
 お客様に寄り添い、美しくなるためのお手伝いをすることがアテンダントスタッフの使命です。
PIAStyleでは、アテンダントスタッフのインタビューやピアスグループの魅力をお伝えしています。

BEAUTY COLUMNについて

BEAUTY COLUMNでは、美と健康に関心の高い女性のために役立つ情報を発信しています。
美容に関するお役立ち記事や、季節のキーワードをもとにしたコラムなど、女性の健やかな暮らしをサポートする情報をお届けします。


関連する記事

関連するキーワード

著者