美容師業界の内情!美容師の離職率の高さと対策について

美容師といえば、華やかな職業のイメージがありますよね。憧れる方も多いと思います。
でも、ちょっと待って。
憧れの美容師に就職しても、もしかしたらすぐに退職を考えてしまうことになるかもしれません。その理由は美容師の離職率の高さ

厚生労働省が発表した美容師の離職率に関する統計資料によると、1年以内の離職が約50%、3年以内の離職80%、10年以内の離職が約90%となっています。10人美容師に就職しても、そのうちの5人はなんと1年以内に離職してしまうんです。これは他の職業よりもずっと高い離職率です。

でもすぐに辞めるつもりで美容師の世界に入られている方はきっといませんよね。それなのに、なぜこんなにも離職率が高いのでしょうか?

本記事では美容師を辞めてしまう理由や、美容師を辞めてしまう前の対策まで紹介しています。現在美容師として働いている方やすでに離職してしまったけれど美容師免許をお持ちの方、これから美容師になりたいと考えている方の参考になれば幸いです。

美容師をなぜ辞めてしまうの?原因は?

高い授業料を払って美容学校に通い、晴れて美容師という人気の職業に就いたにも関わらず、離職率は高い。美容師免許は、国家資格で簡単に取得できるものではりません。

それなのに、すぐ辞めてしまう理由は一体どこにあるのでしょうか?

一般的な離職の原因は、激務であったりお給料面の待遇の悪さ、人間関係や体調不良までさまざまあると思いますが、美容師についてはどうでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

労働時間が長いのに収入が少なく、福利厚生が手薄い

美容師免許を取得し、美容師になっても最初は「アシスタント(シャンプーなど、先輩の補助)」からのスタートです。新卒では他の職と変わらない程度の収入が見込めそうですが、注目していただきたいのが、美容師の労働時間です。
拘束時間が長いうえ、新人のアシスタントのころには閉店後のお店で個人練習をすることもあり、帰宅が夜遅くなることもしばしばあるようです。「労働時間に対する収入が割に合わない」となげく美容師も多く、それが収入が少ないという実感になるのは頷けますね。また、美容師には専用のハサミや、個人で揃えなければならない道具も多く、出費もかさみます。

また、福利厚生の手薄さも離職を考えるきっかけのひとつ。
法人化しているような大手サロンでは福利厚生が充実していることも多く、すべての美容室に当てはまるわけではありません。ですが、個人経営のサロンでは、法人化しているサロンとは違い社会保険に加入していないことも。したがい、もろもろの保険についても加入できないうえ会社が負担してくれないため、毎月の収入から全額自費で支払わなければなりません

その他、一般企業では「住宅補助」や「家族手当」などがありますが、こちらも社会保険などと同様にほとんどもらえることはないそう。

休みが周りと合わない

サービス業に多いことですが、土日祝休業の美容室はほとんどみかけませんよね。むしろ、土日は書き入れどきにあたり、忙しくしていることが多いと思います。

そこでよく聞くのが、「周りの友だちと遊べない」や、「恋人との休みが合わない」などの悩み。プライベートも充実してこそ、仕事も頑張れる。ワ―クライフバランスが実現できないことが、離職を考えるきっかけになり得ます。

肉体的・精神的なストレス

美容師は立ち仕事です。最近では、椅子に座ってカットをしている姿も見かけますが、基本的ははずっと1日中立ちっぱなしですよね。そのうえ、シャンプーやカットなどかがんだり中腰になったりする作業も多く、慢性的な腰痛を抱えてしまう方も少なくないそう。肌が弱い方はシャンプーやカラー剤によって手荒れを起こしたり、長時間ハサミを動かし続けるため腱鞘炎になってしまうことも。

また、美容室の休業日がどこも似た曜日なのは、その曜日に講習会や勉強会が入ることが多いから。求人情報に「週休2日」と記載されているサロンも多くありますが、休みの日にも仕事の予定が入ることを考えると、なかなか疲れがとれませんよね。

身体のトラブルを抱えてしまったり、実質的な休日が少ないことは離職を考える大きな理由になりそうですね。

「美容師辞めたいかも…」悩んだときには?

紹介してきた離職理由はどれも大きな悩みばかりでしたね。

でも、せっかく頑張って就職した美容師の仕事。簡単に辞めたくはありませんよね。ここからは美容師の免許を活かして働き続ける方法3つを紹介します。

別のサロンへ転職してみる

「別のサロンへの転職」はいちばん最初に思いつく案だと思います。美容師を辞める前に、べつの希望に合うサロンを探してみてもいいかもしれません。

実際に働いてみたからこそ見えてくるものもありますし、自分の経験も踏まえてサロンを選び、新天地で頑張ってみることもひとつだと思います。

独立する(フリーランス)

自分のペースで働けるフリーランスも、ある程度技術と知識がついてきた場合にオススメの働き方です。働く時間や休日も自分の好きなペースで決められ、自分が頑張った分だけの収入が得られます。

最近では「面貸し(ミラーレンタル)」のようなサロンを間借りする形で働くことができたり、面貸し専用のシェアサロンなども増えてきており、フリーランスとして活動しやすい環境が整ってきています。

美容師免許を活かした別の職業への転身

美容師免許を活かしたお仕事は、決して美容師だけではありません。

ヘアメイク、まつげエクステ・パーマ、アイブロウなど…お顔に触れるような美容関係のお仕事も、実は美容師免許が必要なお仕事です。美容業界から離れる前に、一度こういった職種への転身も検討してみてはいかがでしょうか?

美容師は高離職率。つらくなったら「自分」を優先しよう。

ここまで美容師の高離職率の理由や、その対策を紹介してきましたが、いかがでしたか?

「せっかく頑張って美容師になったから」と、つらい状況でも頑張っている現役の美容師の方も多いと思います。そんなときは無理をせずに周りに相談したり、ぜひ前項の3つを考えてみてくださいね。

美容師として働いた経験のある方からは共感できる内容があったり、これから美容師になろうと頑張っている方には業界の雰囲気を感じ取ってもらえる内容になっていたら嬉しいです。

美容師の資格を活かせる!【ピアスグループ】でパーツ美容の道へ。

お給料や福利厚生に不満を抱えやすく、身体的・精神的にもハードな美容師の離職率は高め。でも、美容師は「人を綺麗にするお仕事」として、憧れて業界に入ってくる方も多い職業ですよね。

もし美容師の仕事がつらく、美容師免許を活かした別の働き方をご検討中の方には、【ピアスグループ】での仕事がおすすめです。

ピアスグループでは、美容師免許を活かした下記のお仕事が可能です。

- ケサランパサラン(職種:アイラッシュデザイナー)
- アナスタシア ミアレ(職種:アイブロウスペシャリスト)
- ビューズ(職種:アイブロウスタイリスト)
- インフェイシャス(職種:アイスタイリスト)

どのブランド・職種に就いても、美容師と同じく「人を綺麗にするお仕事」です。

アイラッシュ/アイブロウなどについて未経験でも「パーツ美容のプロフェッショナル」を目指すための基礎からしっかり学べる研修制度があり、サポートも充実しています。

働き方も、あなたのライフスタイルに合わせて柔軟に選べるんです。

ピアスグループで働くと美容師としての悩みは解決できる?

美容の仕事を諦めたくない、でも本当にピアスグループで働いたら美容師のみなさんの悩みを解決できるの?と思われた方、安心してください。
ここからはピアスグループで働くメリットを簡単にご紹介します。(詳しくは「ピアスグループ採用情報」をご確認ください。)

残業が少なく収入が安定。福利厚生も充実。

- 残業はほぼなし。安心して働けます
- 社会保険などの各種保険完備
- その他、住宅補助(規定)なども

ピアスグループでは残業がそもそもあまりなく、もし残業が発生した場合には15分単位で労働時間を計算し、きちんと支払われます。また、月々の給与に加え、年に2回の賞与も支給されますし、年1回の昇給査定もあります

もちろん、社会保険などの各種保険についても完備されています。

その他、住宅補助(規定)があり、地方から都会に出て一人暮らしをしているスタッフも数多くいます。日々充実して仕事とプライベートを両立することが可能な収入が得られます。

自分のペースで働けて、プライベートを充実させられる

- 月8日休、または月9~10日休と選べる休日制度
- 月2回の希望休制度

ピアスグループでは休日に勉強会・講習会が入ることはありません。技術向上やトレンドのキャッチアップのための勉強会などの開催はありますが、参加する場合は出勤扱いになります。また、調整すれば、平日・土日に関わらずお休みでき、連休を取得することも可能です。ご自身やご家族のペースを大切にしたい方にはぴったりです。

手荒れなどの身体のトラブルを軽減できる

- 使用薬剤での手荒れがしにくい
- 長時間同じ体勢で施術することがないため、腰痛などにはなりにくい

ピアスグループでは、施術時に眉やまつげにも専用のワックス剤や薬剤を使用することがありますが、広範囲に塗るものではなく、量も大幅に少ないため、手荒れしにくいのがメリット。ヘアサロンからの転職者の中には、シャンプーやカラー剤による手荒れが解消され、好きな美容の仕事を続けられると喜んでいる方もたくさんいます。

また、パーツ美容のサロンでも、お客さまのお顔をのぞきこむような姿勢で、中腰になることはあります。ですが、長時間同じ体勢ではありませんし、低めの椅子を置くなど、対策を講じています。腰痛のため、美容院を辞めざるを得なかった方も、ピアスグループに転職後、イキイキと働いています。


上記はピアスグループの魅力のほんの一部。
さらに詳しくピアスグループのことがよく分かる、インタビュー記事もご紹介しておきます。もし興味のある方は下記リンクよりどうぞ。
ピアスグループではこんな方をお待ちしています。

- 美容師免許をお持ちの方
- 眉メイクに興味のある方
- 接客が好きな方
- チームワークを大切にする方

美容師免許を活かせるお仕事にご興味のある方は、ぜひ応募してみてくださいね。

関連する記事

関連するキーワード

著者